今月11日に遺体が収容された後、17日に引き揚げられた。

 熊本地震で犠牲になった大学生、大和晃(やまと・ひかる)さん(22)=熊本県阿蘇市=が乗っていた乗用車が18日、県警大津署で公開された。引き揚げの際に切断された車体は泥だらけで、ひしゃげて多数の配線などがむき出しになっていた。

これが車だったのか…この中でずっと待ってたんだと思うと胸が締め付けられますご冥福をお祈りします
いや、これが車だと言われても車に見えません。写真を拡大するまでは遺留品かと思っていました。言葉になりません。本当に自然は恐ろしい…ここに自分の息子がいたと思うと、気が狂いそう。
こんなに潰れてしまった車内に4ヶ月間も閉じ込められていたと思うと、本当に締め付けられる。無事に家族のもとへ帰ることが出来て本当に良かったと思います。ご冥福をお祈りします。この車をご覧になった時のご遺族の気持ちを考えると言葉がありません。辛いでしょうが、それでも発見されたのは不幸中の幸いですよ。きっと ご自身はご遺族の元に帰りたかったと思います。ご冥福をお祈り致します。
連れ帰られた御家族の熱意に、敬意を表したいと思います。言葉が出ない。ご両親の心が少しでも楽になりますように。鉄が布みたい。。無念だろうが、最後苦しまずに旅立てたなら…。ご冥福を祈ります
映像で観た時はまだ見えていた部分の下に原型があるものと思っていましたが…お盆を前にご家族のもとに帰られたこと…こう言う表現が適切かどうか…良かった…