医師の意見をたくさん聞くことで治療法を考えれば、もう少し考え方も変わったかもしれません。

 小林麻央さん(享年34)の逝去から、はや1週間、海老蔵一家はもとより、日本国民全員が悲嘆にくれている状況だが、今週発売の「週刊新潮」がある疑問を呈している。 麻央さんは14年2月に人間ドックを受診。

少しの事実と憶測で色々言われているみたいだけど実際どういう状態だったのかどういう風に動いていたのかははっきりしていないよね亡くなった後にごちゃごちゃ言わなくても良いのでは?と思う
冷たい言い方かもしれませんが、気功やスピリチュアルで癌が治るなら、医者も病院も要らない。
ブログ英訳したりしてまで世界に伝えたいことがあるとしたら、「まずは治療優先してください。乳房の有無より、命を優先してください。子供との今より、子供との長い将来を見据えてください」だよね。闘病が美談になり過ぎてる感じはあるよね。ネットでつつみ隠さず書くのなら、標準治療を受けなかった理由や気功についても書くべきだと思う。その方が正直だし、ガンに苦しんでる人へのメッセージも強い。