これに対し、2日の都議選で、自民党候補の得票率は23%。

7月2日に投開票が行われた東京都議会議員選挙は、自民党が、改選時の57議席から23議席に減らした。一方、小池 百合子都知事率いる都民ファーストの会は公認候補50人中、49人が当選と大躍進した。都議選で、自民党がこれまで最も獲得議席が少なかったのは、2009年の38議席だから、それを15議席も下回る史上過去最低の結果となった。

なぜ増税が入ってないのかが分からないが、財務省がザルで8億円くらい好き勝手に使ってるなら、それは増税分は福祉以外に流れてるだけ、って考える。なぜか夫人問題になってるけど、財務省問題だから。他にも好き勝手な想定で計算せずに俺様の小遣いって麻生氏は思ってるんだろうに。億単位どころじゃない税金を適当に扱ってて、それで待機児童とか笑わせる。いまも堂々と派閥づくりに金使ってるんだろー。介護殺人の原因作ってるの、経済的困窮なんです。人を雇うのも、それだけの資格を持つ教育するにも人財育てるにも金かかるの。なんで派閥に使ってんの?
今回、NOと言われたのは自民都議だよ。おそらくは自民を支持していても「あんなのに入れるくらいなら保守の小池さんがいい」と思った結果でしょ。でも今朝小沢榮太郎さんが自民都議に怒っていたけど、どうせ討ち死にするなら正面から小池都政の矛盾とか批判とか真っ向から突くべきだったと言っていた。それを何となくぼかしたまま自民党と言う・・或いは安倍さんと言うそれまでは無敵だった人の影に隠れていれば勝てるのでは・・・と言う他力本願な事をするから終盤のオウンゴールでとことん票を失う事になったんだよ。その上恨み節だから何一つ反省してないし。自分たちは挑戦する側だと認識して危機感でもってとことん小池さんの胸を借りるつもりの選挙をやっていたら候補者次第では勝てたのも合ったんじゃないか?都議の結果が国政に影響しないとは言わないが、個々の議員が危機感を持って誠実に政治をすればいいと思うけどね。