1番・遊撃 田中

 「高校野球西東京大会・決勝、早実-東海大菅生」(30日、神宮球場) 春夏連続で夏は2年ぶりの甲子園出場を目指す早実と昨夏まで3年連続で準優勝の東海大菅生が対戦。先発メンバーが発表され、準決勝で高校通算の最多記録に並ぶ同107本塁打を放った早実の主将・清宮幸太郎内野手(3年)は「3番・一塁」で名を連ねた。

メディアは公平じゃないよね。両チームとも頑張って下さい。4回裏 早実の攻撃でノーアウト1塁2塁からきっちりバントできなかったのが痛かった
清宮ばかり注目されて思うことはあるけど、清宮自身は何も悪くないでしょ。むしろここまでメディアに取り上げられて、高校通算107本の本塁打を打ち、地区予選も決勝戦まで進んできているのだから、素直に応援してあげても良いんじゃない?
準決勝で東海大学望洋が散り、札幌、甲府、高輪台、さらに相模までもが決勝で敗れた。もはや、東海大学系列の甲子園出場は絶望的に見えるが、、、関係者たちのあの目はなんだ「それでも菅生なら、菅生なら、きっとなんとかしてくれる、、、!」そういう目をしている。