【「仕事は見て盗む」は時代遅れ?】

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。7月31日の「社会人意識調査」のテーマは「『仕事は教わるんじゃない!

昔の飲食店、まだファミレスが多くなかった時代はマニュアルなど無かった。ガラの悪いのが客商売してるという、今では考えられない時代だから盗めなど当たり前だった。物事の本質がわかってない
言われなくても見て覚えることはします。でも言われた事しかやらない、やれない人がたくさんいます。早く仕事を覚える気のない人です。そういう人はすぐに辞めます。時代だと思います盗めってのは口上としても、周りの流れに合わせルールを守って、やり方は自分であみ出せ、ってのはあると思うな。
一人前になる前の時点での「盗め」は非効率で、いまの時代には合ってない一人前になってからは、教えて貰う姿勢では成長しない「盗んでやろう」ぐらいの気持ちでいかないと