この奨学金のほとんどは給付型ではなく貸与型。

 ブラック企業やブラックバイトなど「ブラック○○」という言葉はすっかりお馴染み。そんな「ブラック○○」に“ブラック奨学金”という言葉が新たに生まれた。奨学金とは、金銭的な事由から専門学校や短大、大学に進学できない若者を支援する制度のこと。

自身に都合の悪い事柄は、直ぐにブラックだと騒ぎ立てる。奨学金は、決してブラックではない。借りたお金は返す。当然の事。奨学金の申込書類に署名、同意したのはどこの誰ですか?
借りといて返せない、取り立てがブラックって頭おかしいのかな。奨学金機構が詐欺にあったようなもんじゃん。返してる人が殆どなのに。基本的には借りたものは返す!これ当たり前。借りたものが返せなければ、きちんと対応すること。面倒臭がるから大変な事になるだけ。大学に行かない勇気が必要。
身の丈にあったことしないからなるのでは?貧乏なのに高級車買ってローン滞るのといっしょでしょ?優秀なら返済義務のないのもあるけどさして優秀でもなく学歴のために進学してる人にまで枠ひろげるなんてムリがある。そもそも学歴主義が問題が問題あって職能主義に転換すれば奨学金問題も減ると思うんだけどね。