さらに限度額の撤廃となれば一気に預金がゆうちょ銀に流れることも予想される。

 野田聖子総務相が、ゆうちょ銀行の預入限度額の撤廃を示唆したことに波紋が広がっている。ゆうちょ銀は6月に個人向け無担保融資などの新規業務の認可を受けたばかりで、預入限度額撤廃まで認可されれば民間金融機関の顧客を奪いかねないからだ。

自由競争にしては規模が違いすぎる。それだけでなく暗に政府保証がついているというのは頂けない。民営化前よりはサービスはよくなったがまだ時期尚早ではないか?改悪しない方が良い。
それより子育てちゃんとしなよ、この人は。企業への融資はやめとけ。ゆうちょには無理。
政府保有株をすべて放出すれば完全民営化で批判でないのだろうけど株価の影響からまだまだ時間がかかりそう。民営化ありきのスタートが失敗で、どういったスミームで民営化するのかが曖昧だったのが失敗の原因。今回この人が言い出したら、誰も反対出来んかもしれんな。この人、郵政に関してはぶれぶれだな。民営化反対してたのに構図が見えない。
ゆうちょ銀行の限度額が1,000万円から1,300万円に拡大されても、さして移行されたとは聞いていない今時預貯金拡大競争にもない限度額廃止しても大きな問題にはならないのでは無いでしょうか