デザイン事務所勤務を経て大手IT企業に転職。

 転職でステップアップや、自分のやりたい仕事に近づきたいって誰しも考えることですよね。 ところが、そんな希望に満ちた選択がきっかけで、大きな困難に直面している女性がいます。詳しく話を聞いてみました。 デザイン事務所勤務を経て大手IT企業に転職。

今回の作者は男性ですね。女性なら「貧乏人は青汁と缶詰食べろ」なんて、妄想でも書かないでしょうね。創作、お疲れさまです。実話なら、病気も人生も治す気ない危機感のない生ぬるい人です。
今回のドキュメンタリー風小説は、出来がイマイチですね。今回の物語は「現実離れ」がベタすぎて面白くなーい。そろそろ物語の逃げの口実に「うつ病」使うのやめない?本当に追い込まれて「うつ病」に苦しんでいる人にも失礼だし使われ過ぎてて同情出来なくなってきた。
いちばん気になったのが、弁当屋で働く人の描写。短時間のお弁当詰め作業がまともな人の仕事ではないかの様に。普通のパートさんですよ。とても失礼です。つまらない小説ですか?私ならボスが取ってくる仕事もうさんくさいものが増え、ヤバそうな空気が漂い始めたタイミングで一部、事業継承して独立しますけどね。