「13回目の試合で初めてTKOで負けました。

 プロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで、日本記録に並ぶ13度目防衛を逃した山中慎介(34)=帝拳=が王座陥落から一夜明けた16日、京都市内のホテルで会見を行い、進退について保留した。「きょう会見を開くということでいろいろ考えたが、きょう進退についてはすぐに出せないです。

打たせ過ぎ!素人からみても危なく見えたよ!記録よりも命が大事。トレーナーのせいにする会長の度量の小ささに驚きだ!
あれだけ打たれて、手も出せなかったら止められて正解だと思うが。一足遅れると取り返しがつかないからね。勇気ある判断でした!
あの状態で止めなければ、下手したら植物人間に成るタオルが早すぎたとの批判が、あるがそうは思えないその前に何発も食らって脳細胞がダメージを受けるあのまま続けたらそれこそ選手生命と言うより人として大変な事に成る所別にタオルを投げたからと言って非難される事は無い此迄の記録がそれで消え去る事は無い尚且つ、永遠に勝ち続ける事なんて普通は無理あのボルトでさえ、最後はああなった此の先綺麗に引退して、後進を指導し育てる道へ子供の為にも、元気なお父さんでいて欲しいね